第68回立軌展

 

高木 英章

「まきばの小径(バイブリー)」

 雲の湧く青空の下、春の光を浴びて田野を貫くように一本の道が遙かに続く。木々は緑を増し、下草に交って黄色い野の花が咲く。静かで穏やかに、そして人影は見えねど平和な時が流れる。(中)