第45回記念新美展

優秀賞

米澤 孝子

「時を想う」

 題名から推すに、自分の、あるいは子供たちの過ぎ去りし時への追憶か。いずれにせよずらり並んだ子供たちの表情が良い。衣服もそれぞれに工夫され、楓の葉群れが子らの平穏を願う星々にも見える。(中)