第53回創展

 

高谷 彌榮子

「母の懐」

 水彩に特化した画面。娘を思う母からの忠告は作者の心に響いた。そしてそれは自ずと絵の主題になり、この複合画面へとつながったのか。「人間はやぶれやすく、こわれやすい」ガラス玉に象徴されるのは愛情の塊。(篠原)