第38回美術の祭典東京展

奨励賞

村松 康恵

「弧A/B」

 

 柔らかな半円が画面をよぎる。画面の内と外、半円と空間の係り、あるいは位相に思いは運ばれ、寡黙で静かな画面からはしなやかなイメージを誘われる。禅における厳しく、それでいて広やかな世界のように。(中野)