第47回創展

 

嶋田 正之

「悠久の軌跡」

 

 春季創展出品作「冬の長瀞」からの連作。自然や建造物を澄明な面構成で描く画面に定評がある。この作も峻立する岩肌と水面の呼応が清々しい。アングルの確かさが余計なものを省かせ、主題を強調している。(篠原)