第90回記念春陽展

 

奨励賞

畔柳 きよ子

「予感〜メバエ〜

 

 針を射せばプシュッとしぼみそうな柔かなピンクの二体(心の波長?)がゆらゆらと浮遊している。全体の当て所ない、とりとめのなさが、覚醒しきらない脳と心の不思議な浮遊感となったのだろう。(中野)