第75回記念現展

 

荒井 喜好

Parade」

 

 造形的なプランの中で普遍的なイメージを追求する。肉体が展開する多様な姿を象徴的なフォルムに造形しながら、並列的に展示して一つの普遍性へ昇華しようとする。線と面、色の拮抗と協調がイメージを広げる。(中)