第71回現展

 

小林 淑笑

「刻の旅」

 

 赤、青、白のグラデーションが流れ動いてスパイラル運動と化し、中央の円球(眼)に凝縮する、がやがて円球から逆放射され、ムーヴマンが留まらない。円球は魂の置き処、すべてが凝縮、放射の連続。  (中)