第74回現展

 

小泉 嘉彦

「篝火〈鼓動の詩〉」

 火は古来、神なるもの聖なるものとして崇められてきた。今でもそれは聖火として折々に登場し、古代人の火への畏怖そのままに胸の鼓動を呼びおこす。モノクロで加飾を削ぎ落とし、精神性を深めた。(中)