第42回写実画壇展

 

加藤 登志子

オリーブと薔薇」

 

 庭のオリーブ樹が白い肌もあらわに朽ちかけている。ライトを浴びて最後の悪あがきを演ずる役者のように。その奥でバラの花が咲いている。石積みの描写に工夫があり、メッセージ性が強い。再生、蘇生。(中)