第43回写実画壇展

 

加藤 登志子

夢想するオリーブの木」

 

 赤い衣をまとい緑の枝葉を広げるオリーブの樹の、逞しく生きる姿におのれを重ねたのだ。生きていればいろいろある。あくせくせず、今ある自分を大切に、たゆまず歩こうとする作者の思いあふれる。(中)