第100回記念光風会展

 

酒井 英安

「新雪の朝、八海山」

 ひときわ高い山頂と田畑に雪が降り積もり、やわらかに薄陽が射し込んできた。雪齋れである。自然の風景の只中を新幹線の架橋が走る。手前をよぎる点景の人物が、景観に一気に日常感を呼びこむ。(中)