第3回新構造東京展

 

荒井 令子

「蓮華観世音」

 

 蓮華の花群れに包まれて立姿の菩薩が笛を奏でる。光を孕んだ雲気や天衣、裳裾の白が、華やかな宝冠や真紅の衣と相俟って、音色の流れに相和する。油彩で挑戦する日本画的モチーフに独自性を追求する。(中)