第58回新協展

 

飯塚 詠一郎

「花の雲」

 

 空の雲ばかりを描き続けるシリーズ。美しいタイトルにそぐわず、もくもくと湧き上がった雲魂が紫色を帯びている。千変万化する雲は様々なイメージを抱かせる。単なる描写をこえたロマンの思いが深まる。(中)