第6回新構造東京展

 

斉藤 猛

「岩の道」

 

 谷底を蛇行する流れをはさんで、石の壁が天を衝く。草木一本ない岩、この風景が誕生するのにどれだけの時を閲けみしているのだろう。どんなドラマがあったのか。そんなことを思うと冷めたい世界が一転?豊かになる。(中)