第57回二元展

中日賞

林 昌雄

「郷愁 II」

 

 棟上げも立派な茅葺き屋根の民家が、秋空の下静かに佇んでいる。厚い庇の下には大根や柿を干すのか懸け棚もある。道行く人影もなく閑寂なひととき、木立ちから小鳥の鳴き声が聴こえたりノ誰もが郷愁を抱く。(中)