第61回新象展

 

森下 展行

「彩花彩背」

 

 百華繚乱の様そのままに画面いっぱい四方に向けて活きいきと彩花が展開する。これがメインモティフだが、〈彩背〉を忖度するに、背景は単に付随するのではなく、主モティフと同一性を持たせての制作思考であろう。(中)