第42回新日美展

 

宮嶋 ふみ子

「朝の光に映えて(四万十川)」

 

 不入山を源流とし200キロほど蛇行しながら土佐湾に注ぐ。渓谷を流れる四万十川と山肌に横なぐりの朝日が射しこむ。遙か彼方の明けの様子が美しい、まぶしい朝日は旅の画人の心をとらえた。(中)