第45回元陽展

 

藤本 益巳

「神渡し」

 

 神渡しとは、出雲大社へ渡る神々を送る風の意から陰暦10月に吹く西風を言う。冬に変わる晩秋の晴天の寄せ合いの港を、精緻に描写した。風に流れる一片の雲と水面が、凛とした空気の冷たさを感じさせる。(松)