第30回記念現代童画展

会友奨励賞・会員推挙

 

渡辺 浩子

「また あいたくて」

 

 

 膝を張った濶達なポーズをとりながら彼女は頬杖をついて何か思い惑っている。

色調もブルーとイエローの2基重に分割、そこがこの作品に錯綜する複雑な要素を生んで、深いものが漂う。    (中)