第64回水彩連盟展

 

 

小柴 悦子

「未完の旋律」

 

 色が色としての本来の命をきらめかせ謳歌し、互いに響き合い呼吸して、明るく伸びやかにハーモしている。

裏街のホテルかアパルトマンの小部屋だろうか、各部位が解体され、心象に任せて再構成されている。