第70回記念水彩連盟展

 

小柴 悦子

「ロマンスでの旋律」

 

 画家の脳内活動はきわめて濶達で、いろいろなイメージを次々と湧出させ、縦に二分割するポールに絡ませ巻つかせて、実にヴィヴィッドな領域をつくり出して明るく楽しい。ドローイング調も効果的だ。(中野)