第78回創元展

 

小柴 悦子

「漁 港」

 

 漁港へのこだわりは深い感慨を抱くゆえの連作となっていようが、思いを巡らせながら、強靭な梁?を中心に強弱硬軟で表象した構成・筆致が魅力的で、明暗の彩調と共に視覚を吸引させる。深い心象のこもりを思う。(中)