第30回記念フォーカス作家選抜展

特選第一席

 

福田 孝一

「流水春待」

 

 水も温み、春の田ごしらえの時期である。

田んぼの畦にこれまで塞止められていた用水の水が入れられる。

そんな何気ない景観に作家は目を止めた。

丁寧な筆致で描ききった清涼感が心地よい。