第76回一水会展

 

竹村 文男

「早 春」

 

 春の陽が満ちて、明るく穏やかに心地良い。その陽を浴びて散歩の途中、川原の堤でひと休みする青年と小犬。満ち足りた風情だ。水平線構造広がりの中に青年と犬の三角構成がいっそうの安定感をつくる。(中)