第51回一陽展

会友賞

 

杉村 哲子

「響 」

 

 樹の幹・枝・梢が精写されている。

曲折やねじれはもちろんその肌合いまでも徹底して精緻にとらえ、木は画面を越えて、しかも厳然と在る。

しかもモノトーンで。

視認出来ないものを可視する発見の喜びがある。