第67回自由美術展 

 

十時  良

「空ー2005 II」

 

 洞窟の中のような岩肌に蠢く無数の人達、もがきながらも大空の広さを夢見る切なさが沁みてくる。

一見シュールに明快な対比構成で視線を誘導するが、人類の未来を想像させるような、そんな深さがある。