全展第37回彩曜展

 

大高 孝雄

「岩手山」

 現場主義を貫く作者。今作は岩手山サービスエリアからの景。黄に染まりゆく樹木と青黒い岩手山の威容の対比が秋の深まりを伝えてくれる画面。左傾斜の流動感もまた現場ならではの視点だ。(篠原)