第56回全展

 

大高 孝雄

「波動(II)」

 八峰白神ジオパークの一部であるこの海辺は荒海で知られ、これまでも描いてきた作家のテーマのひとつ。現場で体験した荒ぶる波と奇岩との格闘のような衝突音が聞こえてきそうで、臨場感、空気感が伝わる。(松)