全展第21回受賞者選抜展

 

大高 孝雄

「入り海」

 津軽半島から日本海に突き出た小泊岬からの遠望。そそり立つ海食崖の頭越しに広がる入り江。このところ描き続ける海の景の中でも、この作はかなり静かな佇まいを見せている。作者の絵心の幅広さを窺わせる。(篠原)