第33回彩曜展

 

大高 孝雄

「河 畔」

 何げない降雪の河畔をモチーフに、冠雪の遠景の山並に密集の町。鮮烈な雪の白の洲を赤い橋梁で繋ぐ遠近法で広がりと緊張感を出し、緩急のタッチと赤、青、黄色の三原色と雪の白で融和させ深味ある風景とした。(松)