第54回二元展

郡司 静雄

「焼 岳」

 山を専らとし、その四季折々をとらえ空気感を活写する山岳のエキスパート。これは夏の焼岳か。岩肌をあらわにする山頂に続く遠景に雲霧が流れる様や、緑の中に佇立する枯木など、ポイントづくりも確か。(中)