第55回二元展

郡司 静雄

「妙高山」

 裾野の雪原を割って小川が流れ、丈低い雑木がまばらに立ち、その先にどんよりとした空を背にくっきりと妙高山が立ち上がる。何ということのない景に厳しい季節感をとらえ、かつ自然に寄せるロマンが漂う。(中)