第56回二元展

郡司 静雄

「御嶽山」

 日本の山々を描き続けている。四季を巡り各地を丹念にロケーションする労力と執念はいかばかりかと思う。山巓に雪をいただき、細くのぼる噴煙が青空にかすんでいく。台状のこの山は普段は穏かな佇いなのだ。(中)