第54回二元展

二元会奨励賞

船木 次子

「硝子の情景」

 

 都会の虚実を象徴的に表現する場合、きわめて今日的な場としてショーウィンドウを舞台とする。シリーズ制作を続け、今作で一つの答えを見つけたようだ。構成がシンプルになり、奥行き感が豊かになった。(中)