第56回二元展

内閣総理大臣賞

船木 次子

「硝子の情景」

 

 ウィンドウシリーズが長く続いていたが、今作はショーウィンドウの内の実像とガラス面に映り込む虚像との調和が効果的に構築され、清々しい作品となった。特にカヤの細線の流れと前面の文字がフィットした。(松)