第52回二元展

 

大阪市立美術館長賞

船木 次子

「ガラス越しの視座( I )」

 

 現代の都市風俗をウィンドウをクッションに連作を続ける。実と虚の分ち難さにおもしろさ如何に表現するか。画面を2分し、下半をシンプルに、上半を密度を濃くした構成に新鮮な視点を生かした。(中野)