第89回第一美術展

 

本庄 栄一

「まもなく出航」

 

 黒い雲が流れて空に明るさがもどってきた。突堤に横づけされた船の出航も間近だ。船の姿を大きくとらえることで作業船の本来の様子をうかがわせ、さあ出航という能動的な力感を、流れる雲と対比させた。(中)