第103回太平洋展

損保ジャパン美術財団奨励賞

阿部 昭好

「黒い太陽」

 岩山に座す女性、顔は生き生きしているが、その肉体はすでに石化を始めている。

鳥や自然との共棲のバランスが崩れ、知らぬ間に人も破滅への道を辿ることになる。

情念の濃密さが作品にインパクトを与えた。