第62回新象展

茂木 秀夫

「Untitled A・B」

 

 樹々や大地の気や香りを抽象造形し続ける連作の延長上の作品とみるならば、森に漂う音や風、光、あるいは葉に滴る水滴の象徴ともとれる。がそれはまた、宇宙自然動植物の根幹たる連鎖する生命の姿とも。(中)