第58回二元展

大阪府知事賞第一席

藤室 節子

「何処へ」

 

 内開きの古びたドアー、石組みされたアーチ型の外壁に繋がる入口が、この建物の永き歴史を物語る。材料の質感も以前と比べると数段の進化が窺える。ただ、観者が触ってみたいと思う質感をどう追求するかが課題か。(松)