第63回一陽展

石川 敏夫

「時空の碑」

 

 柔かな緑の台地の広がりに濃緑の木立散在する。巨石人頭像の碑が出現し、遠く昼の満月が浮かぶ。確かに現実の景だが、幻想的な趣きなのは時空の向こうからやってきたような碑と交差する道の寓意ゆえだ。(中)