第62回二紀展

 

菅  久

「 別府湾暮色・扇山火まつり」

 

 別府湾は扇山の影を映して暮れようとしている。此岸は桜花が咲き誇り、彼岸の扇山は赤く燃え、天上には夕空を埋め尽くして扇面が散らされている。祭りのエネルギーが幻想の中にうごめく。