第56回二元展

嶋津 俊則

「雪山とチベット密教僧院」

 

 ここ数年続けた古裂のコラージェを多用した重厚な作風から一転、視点を広く構え、冠雪の山なみを背にした僧院の聚落を一望のもとに開放した。セピアの諧調による画家の持ち味が出ている。(中)