第44回二元展

 

 

「想」

田口  璋

 

 風化した石仏に思いを寄せ続けるシリーズ作品。

今作は独特の筆致による点綴(モザイク状)が多彩になり、石仏への荘厳への思いが強い。

ほんのわずか微笑む石仏は人間社会にどんな想いを抱いているだろうか。