第47回二元展

田口  璋

「南国の遺跡」

 昨年の暗冥の中の静かな石仏から転じて明るい石仏壁画。南国らしい豊かな彩りと踊るようなポーズの千手仏?の動きが心をなごませる。細やかな色斑の中のひび割れの黒い線が構成の要となっている。