第53回二元展

 

石川 世始子

「サッシの街(マテーラ) I 」

 

 櫛比する家々が丘陵の上の鐘楼に向かってジグザグ構成で続く。この構成が空地や広場、道などを空間として生かすことで密疎のリズムが生まれた。少ない色数を微妙に使い分けた立体感も確かだ。(中)