第55回二元展

 

石川 世始子

「峡谷の聖地 I 」

 

 イタリアやフランスの旧い街々、それも峡谷や崖上の聚落をモティフとする。出品の2点ともそうで?時代色を帯びたセピア色を基調とする。崖上の教会へ導く聚落の構成の工夫が奥行き感をもたらせた。(中)