第56回二元展

 

石川 世始子

「丘の集落(ゴルド) I 」

 

 こうした景を描き続け、十分に手の内にしている。今作では聖塔からS字態に裾の家々まで構成、彩調もオレンジの屋根と壁の諧調もしっくりと、間に配した木々の緑と調和し、陽を浴びて心地良い。(中)