第57回二元展

 

石川 世始子

「丘の集落(ゴルド)」

 

 民家が寄りそい蝟集しながら丘陵の斜面をせり上がり、丘上のひときわ大きな聖堂に到る。丘裾には木々の緑が茂り、家々の屋根のオレンジと映えあって美しい景をなす。長い時を閲した集落の落ちつき。(中)